体験の流れ

あかしょうびんの体験教室では、柄の彩色の工程を体験できます。

染色した作品は そのままお持ち帰り頂き、糊を落とせば完成です。

体験の流れ

① 図柄と素材選び

予めご用意している図柄と素材の中から、お好きなものを選びます。


図柄には型置きがされています。

型置きとは、図柄を彫った型紙の上から防染糊を伏せる作業です。

糊で伏せられている部分は染まらず、糊の付いていない部分に色が染まります。

塗り絵のように考えて頂ければわかりやすいかと思います。


1つずつ手作業で型置きしておりますので、同じ図柄でも位置や角度が微妙に違います。

お気に入りを選んで下さい。

図柄・素材を選ぶ
図柄・素材を選ぶ

 

型置きされた素材
型置きされた素材

② 色差し

顔料で 図柄全体に色を染めます。

刷毛を使い、くるくると刷り込むようにして、お好きな色でベタ塗りしていきます。

色差し作業風景
色差し作業風景
色差し
色差し

③ 隈取り

沖繩の紅型等で特徴的な技法です。

色差しを終えた色の上に、より濃い色でぼかしを入れます。

筆で顔料を布に落とし、刷毛こすって伸ばします。

隈取りすることで色がくっきり浮き立ち、立体感がでます。

隈取りの様子
隈取りの様子
隈取り
隈取り

④ 完成

隈取りが終わったら完成です。

作品は、そのままお持ち帰り頂けます。


ご自宅での仕上げ方~糊の落とし方~

① 色の固着

裏側からアイロンかドライヤーで熱(高温)を当てます。

熱を当てることにより、顔料が更に布に固着し、色落ちしにくくなります。

 

② 糊を落とす

お湯に浸すと糊がふやけるので、水で糊を洗い落します。

 

③ 乾かして完成

乾かしたら完成です。

 

【タンブラーの仕上げ方】

乾かした布を台紙に合わせてカットし、タンブラーの中に入れて完成です。

糊を落として完成です
糊を落として完成です
完成したタンブラー
完成したタンブラー